夢と千葉のデリヘル

男友達

違う性別の人とでのフレンドシップはありでしょうか、それとも成立しないのでしょうか。
みたいな話が異性間の間では永遠に続くテーマということです。
”お友達”であるという位置づけ自体がはっきりしないので、境界線が難しく、どこらへんを仲良しの人だろうと承認するか、それぞれかなり見解に違いがあるものです。
友人関係と恋人関係の境界線には出来心や好意など、あってないような差だけなのです。
それ以上線引きを無視してしまうことで友達が一巻の終わりではないでしょうか。
続けたい友達同士がこそにあれば強く感じていることが大切だと思います。
異性間だと、友達とあるものの自分の意志を基本となりでしょう。
また相手がいるのであればその友達より大切な人である人を気遣い、性別の同じ複数の友達も同伴に集合するなどというような本人の内部で規律を作ってみることによって、不要な悩みを退けられそうです。